読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コマンドメモ

  • ケン

<安定のために>
竜巻鉈空中竜巻で逃げでゲージ貯めながら立ち回るゲージを持つ。
起き上がりの選択を慎重にする。昇竜はハイリスクハイリターンであることを認識。
ラッシュと様子見の選択肢のバランスが大事。
リーチの長い相手に対して、どうやって鉈の間合いに入るか。
鉈は当たる距離で、苦し紛れや、手癖で使わない。


①昇竜セットプレイ
<大昇竜後>
パターン1 前転。幅が狭くてめくりにくいキャラとか用。
ちょっと歩いて前転→ジャスト裏周り
本当にちょっと歩いて前転→前
裏周り後、竜巻逃げでオリコン誘い。


パターン2 ジャンプ。幅広向け。
最速気味 ちょい前歩き 通常ジャンプ早め中K → めくり。連続では繋がりにくいけど前落ち裏落ちになったりする。
最速気味 本当にちょっと歩き 通常ジャンプ早め中K → 前。
最速その場前ジャンプ → 準詐欺飛び。落ちた後は投げを入れとく。遅らせぶっぱとかはしゃーない。
ちょい後ろ下がり、ハイジャンプ → めくり。連続は繋がりにくいけど、投げと大P鉈で。


時間差起き上がりの場合、パターン1は膝重ねとかもあり。パターン2は下段になる。→ 小足後の連携へ。
ダウン回避 → 未調査。たぶん大波動ぐらい。


<中昇竜、ガーキャン後>
パターン1 最速中竜巻
裏に回る。小足連携へ。


パターン2 ジャンプ
ちょい歩き前ジャンプで裏に回る。何もしない → 準詐欺飛び。オリコンを非常に誘いやすい。
ほんとにちょっとだけ歩いて飛びで深めめくり、飛び越えた後中Kを押すイメージ。タイミングはかなり難しい。
ほんとにちょっとだけ歩きその場気味の飛び、正方向。


時間差起き上がりの場合 → 下段。
ダウン回避 → レバー前入れ強K、鉈でフォロー。


<弱昇竜後>
パターン2 ジャンプ
最速気味、流れるようにちょい前歩き 通常ジャンプ後中K → 深めめくり。連続で繋がるし結構強い。
時間差起き上がりの場合 → 下段。
ダウン回避 → レバー前入れ強K、鉈でフォロー。


②レッパ後
大昇竜:だいたいこっち。
中昇竜:安定2ヒット。無敵のないキャラや、ダウン回避取る知らない人向け。
膝キャンセル適当に → ダッシュ投げとかでダブルアップ狙い。

ブランカとか春麗だけは大昇竜入力を早めに。
リュウケンは結構遅め。


③P投げ後
ステップ大ジャンプで安定。小足と投げの二択。


④K投げ後
端以外は波動竜巻鉈でゲージ溜め。
P投げともに2P裏周りある。
2P裏表ネタやりたい。


⑤連携
<小足後>
2、3発ガード、または1発遠目が多いケース。
大足竜巻鉈とステップ投げ、様子見、一文字をキャラに応じて混ぜていくこと。
竜巻ステップ飛びなんかもよい。


<ラッシュ>
画面端で密着鉈当てた後のかなり強いラッシュ。もう一回鉈、立ち弱P、歩き弱K⇨鉈、歩き鉈を当てまくる。
ステップ中足後⇨もう一回ステップ、鉈の選択が強い。


⑥コマンド
空中竜巻:斜め45度ぐらいのタイミングでしっかり横まで入れる。
前キャン鉈:右斜め下を通すことをとにかく意識、波動が化ける。
また、斜め前のタイミングで前転入力を入れる、それより早いと前転が化ける。
とっさの中足迅雷:まずちゃんと中足を入れる、横と斜め前の2回意識ポイントあり。
神龍逆キャン:Pボタンだけで段数稼ぎ、レバーは触らない。かなり上の方で竜巻を入力する、正方向コマンド。
その他、レバー後ろに入れると暴発技多いので落ち着いて技を出す。

  • マキ

とにかくゲージほしいキャラ。機動力が遅いキャラには逃げ、その他には地上戦をちゃんとやることで安定する。
LV3が溜まってから攻める。
ディフェンスのアジャラはLV1で使う。烈風も使いすぎない。
飛びが落とせない相手にはちゃんと烈風使う。


①P投げセットプレイ
 1P側は鉄心コンボ狙いいつもの。
 2P側は早駆け前転2回転、飛越しそのまま2回転、
 端なら張り付き落ち正面。
  
 ゲージないときは、
  逆駆け飛び正面めくりの2択。
  普通飛びめくり後投げ連携。
  立ち弱K重ね⇨中Pケンコor投げ

 スライディング

  


②ケンコ後
 1P側 即ぴょん飛び2回転
 2P側 早駆け停止2回転
 早駆け停止、投げシケ狙い。
 早駆け停止、直接択しかけ。特に端。
 即逆駆けめくり後投げ連携
 即スライディング

 端なら張り付き落ち裏2回転。
 大K空振り2回転、ケンコ空振り2回転。
 弱K小P早駆け2回転。

③踵後
 ゲージため。
 端なら前転2回転、スライディング2回転。

④大足後
 歩きステップ、裏表。
 歩き前転、裏表2回転。


<連携、立ち回り>
弱K空振り⇨踵、前転、前キャン早駆け(ちゃんとこれ弱K空振り入れたい)
立ち弱固め⇨中K、踵、歩き投げ、ステップ、大足は無い。
中K空振り⇨前転
ケンコガードされ⇨前キャン早駆け
獄鎖⇨大足、歩き投げ、ステップ2回転、弱P早駆け投げ。
飛越して、前キャンケンコ。
逃げるときは八艘だけでなく前ジャンプで逃げることも考える。

<ネタ>
めくり八艘中K。よくやるやつ。

<被画面端>
弱P八艘で逃げる。
垂直J強K。
結構低めの位置からの八艘強Kが強い。
最低八艘強P。
フェイントからのスライディング。
相手が飛んだら前転2回転(特にサガット戦)


<鉄心ポイント>
飛び道具抜け鉄心
垂直J後、置き中K鉄心
相手の隙に大P鉄心
春とかに仕込み中足鉄心

<コマンド>
立ち弱K2回転:立ち弱Kを押すと同時に1回転をまずきっちり回して、残り半回転。
早駆け2回転:走って弱Kを押すと同時に1回転をまず回して残り半回転だけど、ちょっと早め。
弱弱鉄心:2P側 弱Kを押すタイミングで斜め前。1P側:弱Kを押すタイミングで回し始め、最後ちゃんと下と斜め前下意識。
中K,強P鉄心 : 結構キャンセルタイミング早め。
 

秋葉原

最近あらためて写真下手だなーって思ってしまう。大体いつも思うのがもっと丁寧に撮ればよかったなーってのと、もっといっぱい撮ればよかったなーって感じ。もっといっぱいってのは機会って意味で。
やっぱ写真が持ってる時間経過マジックは強すぎて、どんなにしょぼい写真でもあらためて見ると懐かしくなってしまうので、いっぱい写真があるに越したことはないし、一回一回で仕事とか作品撮りなんて感覚はないほうがよいな、って思う。いろんなところ行ったり、いろんなことしたりってのは良いかもね。
















平塚

今週も出張だったんですけど、週中でかなり熱が出て地獄だった。未だ調子出ず。


記録。新宿行った時にやっとシンゴジラを見れた。「また庵野は樋口と絡んでああいう趣味のものばかり作って…」と富野御大と同じ感想。本当笑ってしまったのが、自分も昔ゴジラのソフビ持ってたんですけど、それとプラレール組み合わせて、ヤシオリ作戦よろしくな遊びを子供の頃やったわーってなって、見ながらニヤニヤしてしまった。面白かった。他のサイトで見たんだけど、庵野監督はシンゴジラを制作するにあたって有名プロデューサーからの「ジャニーズを入れたらどうだ?」「映画に恋愛要素をもっと入れろ」と言う助言をすべて突っぱねて、今回のを作ったって話が好きだな。本当に「男の子が喜ぶ特撮」を意識して作ったって。でも確か一部のファンだけじゃなくて、マスへうけることも意識していることも聞いたことあるので、そこで安易にいかずにヒット出すのすごいなーって思う。


ブルージャイアント電子版の最新刊が出てたのでようやく読んだけど、今回も本当によかった。。迷いがないねーって大のサックスに対するセリフは何度も出てくるけど本当これ強さだなーって思う。最近面白いなって思う漫画はこれと、ヒバナで連載してるロマンスの騎士ってやつと、アフタヌーンでやってる聖域コンシェルジュってのが好きです。長くなりそうなので止める。


*ゆいのすけさん
黒髪よい。





最後、傘あった方がバランスがよかった。



 

 

9月

最近はずっと東京出張中でして、出張手当で結構稼げるんだけど、食のコントロールが難しくていっぱい食べてしまうのと、ジョギングができないので、せっかく減らした脂肪がまた増えそうで怖い。とりあえず筋トレだけして特茶でなんとか凌ぐ。

  • ゆいのすけさん

はい最近の私の癒しです。
ゆいのすけさんは癒し系と見せつつ実はそうでもない、、と思わせつつやっぱり優しい人であることが最近分かった、笑。


吉祥寺の時の現像してなかったやつ。
終わり際の方がいい顔してるからやっぱ時間は多めのほうがいいなー。






この間の立川行った時のやつ。でかい公園でピクニックしたので楽しかったけどもうちょっと長居したかった。。。まあ、ちょっと暑かったけど。写真見たらただ遊んでいるだけでは、、、ってなった。わらい。まあ最近は綺麗すぎるやつじゃなくてちょっとヘタウマの方が雰囲気あって良いかなって感じでやってるんだけど、でもちょっと丁寧さが欠けすぎてるので注意しよ。体から丁寧に撮る時のお作法みたいなやつが抜けてくの良くないので、次は1枚絵で見れる感じな綺麗なやつ撮るぞい。


あーなんかひざまくらしてほしい人生だった…たぶんしてくれないけど。


懐かしのフリスビー、なんじゃこりゃ笑。



いい顔撮れた(飽きてる感じ)。


困り眉毛よい。




写真に関する一般的な技術みたいなのを前回書いてみたけど、どちらかというとカメラの使い方みたいなもので、写真で大事なのって結局は光の使い方であって、いわゆる写真のスキルがあるっていうのは、例えば自然光でもスタジオでも自由に光をコントロールしてイメージ通り撮れることを言うかなーって思う。カメラの使い方ではなく。

  • 先週話してたことメモ。

女子撮る目的で、別に難しく考えないなら、秋〜冬の朝に撮ればだいたい綺麗。夏の夕方とかもよし。
これだけだとあんまりなので簡単にもう少し書いてみる。


光の概念として、ざっくり強さと高さ(角度)と向き(光源に対する)がある。反射した時の色とか光軸(方向性)とか、もっといろいろあるけどとりあえずこの3つで。


光が強いとコントラストが強くて鮮やかになる。逆に暗いと、もやっとして濁った感じになる。これは好みだけど、光が強いと印象的になるし、弱いほうが柔らかい印象になる。カメラで考えると、屋外は思っているより明るい、逆に室内は、見た目よりかなり暗い。ビルの中で蛍光灯をそこら中に置いてるだけのスタジオなんかはいろんな方向から薄暗い光が出ている感じなので、要は光が汚い、あんまり綺麗に取れないと思う。


太陽が高い正午とかに撮ると、光の位置が高いから、顔にいらない影が落ちてあんまり可愛くない。日陰に入れてあげるべし。
朝とか夕方は光の位置が低くて、光も柔らかいので大体綺麗に撮れる。夏の夕方の西日はまあまあ強いけど、アンバーな色になって、叙情的な感じが出て自分は結構好き。夏の夕方とかは特に印象的に撮れる。朝は光が低くて柔らかいし色もきれいでとにかく綺麗に撮れる。早起きが必要なぐらいで本当ハズレなし。


角度
順光、逆光、中間のサイドがある。

順光:顔に直接光が当たるので、強く影が出るし、コントラストが強くなるので非常に印象的になる。光が直接当たって顔の水分を反射させてテカる。あと眩しい。女の子撮る時は順光はあんまり使わないけど、例えば背景の葉っぱとかを光に当ててキラキラさせたい時は順光使ったりする、女の子自体は影に入れる感じ。あとは夏の強い光とかを表現したい時とか、意図を持って使ったりするならアリ。

逆光:太陽が背。髪の毛の淵がキラキラになって綺麗。顔が暗くなるので、レフとかで反射させて明るくしたりする。逆光+レフがポートレートの王道と思うけど、綺麗すぎるから自分はあんまりやらない。綺麗に撮りたいなーって時にはやる(そりゃそうか)。太陽が低くて逆光だとレンズに光が入ってレンズフレアが起きたりする。非常に写真らしい表現なので、わざと入れたりする。レンズフレアを防止するにはレンズフードをつける。レフは白いので反射する光が白くて女の子も色白に。別にレフじゃなくても壁とか机とか自分の腕とかカメラマンのワイシャツとかなんでもよかったりする。

まとめ

そういえばまとめようと思ってるんですよって前に書いてた、今まで撮ったゆいのすけさんまとめ。
http://kaoruda16.tumblr.com/


いっぱい撮ってた気がするけど全然少なかったなー。
撮りたいネタだけはめっちゃあるんだけど。
いまのところ僕のポートレート写真のモチベーション唯一といっていい人なのでもうちょっと撮影したい。できれば個撮。


時間ください!ここ見てたら!笑


御礼は必ず。


掘り出してたけど、たぶん最古。

吉祥寺

先週は東京出張に行ってましたので、ゆいのすけさんを半年ぶりに撮ってきた。というか、女の子撮るの自体、5月にリリィちゃん撮った時以来になるから4ヶ月ぶりになってしまった。

写真撮りたい気持ちあるけど、体がついていかない。もう自分の写真スキル的なものを全て教えるから、代わりに撮ってきて欲しいなーって思ったりしてしまって、ゆいのすけさん写真やりません?って聞いてみたけど、なんか難しそうだからやらない、とthe女子な回答が来まして、やっぱりゆいのすけさんは良いとこも悪いとこも正しく女の子だな大好きと思いつつ、絞りとシャッタースピードとか、その辺の話を解説してみたら少し興味を持ってくれた様子だったんだけど、試しに貸してあげようとしたデジタルカメラのバッテリーが切れており、何やってんねん自分となりました。しまったなー。せっかくなので、その時話したことプラスαを書いてみる。

  • 前段

良い写真を撮るには、ある程度の技術があれば、あとは気持ちだと思う。
それは何も写真に限らず、何でもそうだと思う。
ある程度の技術とは以下。

絞りを開けると明るくなる。SSを遅くすると明るくなる。
SSは1/60ぐらいまで、それ以上遅くすると手ぶれする。
絞りを開けて、SSを遅くしてもまだ暗かったら、三脚使うか明るいところに行く。
絞りをどこまで開けられるかは、レンズの性能次第。

  • ピント

マニュアルフォーカスとオートフォーカスがある。
個人的にはマニュアル推奨。
ファインダーを覗きながら、ピントリングをぐるぐる回して、ピントが合うように調整するだけなので全然難しくない。
コツとしては、ぐるぐる回してピントがくっきりあったかなーって思ったら、
もう少し回してみて、ぼやけたら戻してピントを合わせる。いわゆるピントの山を掴む。
ピント合わせの難しさはファインダーの見易さによるけど、最近のカメラなら結構見やすいし余裕だと思う。
人を撮る時はピントは目に合わせます。


もちろん表現次第ではわざとピントを外したりもするんだけど、
マニュアルでやってると、あーこれピント外したほうがいい感じだな。。。ってのがぐるぐる回してる時に見えたりするので良い。
オートでやってると永遠にその感覚が身に付かない。


絞りを開けるとピントが合う範囲が薄くなり、合ってない範囲はボケる。
背景をボカすと、下の写真みたいに撮りたいものを強調できたりする。
逆に絞るとくっきりと写る。女の子を撮る時はあんまりくっきり撮りすぎないほうが良いっぽい。


ファインダーについて、カメラによって電子ファインダーと光学ファインダー(普通のやつ)がある。
個人的には電子ファインダーがオススメ。電子ファインダーだと絞りとかSSを変更した時に、
どんな感じで撮れるかが画面に直接反映されるので、どうやって写るかが分かる。
これぐらいの明るさで、絞りSSがこの設定だと、こんな感じで写るんだーってのが分かるので、
使ってるうちに絞りとかSSの設定が体に染み着く。
自分も丁寧に撮る時は露出計使うけど、だいたいフィーリング。

  • 編集

デジタルは編集っていうか調整前提で、明るさとか色味とかいろいろ補正できる。
LightRoomってツールなんかが有名です。
調整しない人はめんどくさがりな人。それか超天才。99.9%前者。


フィルムではほくろ消したりとかPhotoshopみたいなことはできないけど、色味の調整とか部分的な明るさの調整とかは全然できる。
フィルムのほうが明るさの補正範囲が広かったりするので実は簡単。
ちゃんとしたとこだと、お店の人がプリントする時に色見本作ってくれる。


たぶんここまでが基本。ある程度の技術っていうともう少しだけいる。


  • 写真

本当は先週撮りたかったなー。年内肩出しを撮りたい(こだわり)。
久々だったから感覚忘れてたけど、撮影自体は結構楽しかった。ほとんど歩かんかったし。


逆から漕いでくれる人。



いい顔撮れた笑。


池の上涼しいし、まったりできるし、ゆいのすけさん居るしで、最高に心地良かったですなー。


真剣な顔が、むずい。

九州旅行

日本でまだ行ったことがないところと言ったら九州かなーと思い、夏季休暇中3日ぐらい旅行に行くことにした。旅行前日は帰ってきた時に絶望しないようにと掃除洗濯もろもろの家事を終わらせるなどの準備をした。連れと行く話もあったけど仕事が販売なので休日は予定が合わせづらいし、基本的に自分はとりあえずあんまり人の行かないというか、人がいないところが好きでして、例えば島原半島行くことにしてるんだけどイルカウォッチング見たいねーとか言われたくないなというわけです。イルカなんぞ見たくねえ!まあ実際見たらはしゃぐんでしょうけど。もっというと歴史がわりと好きなのでその辺を感じられるところがいいなあと思うけど、それって歴史詳しくないと退屈になっちゃうし、とりあえずいろいろ面倒くさいので一人旅とあいなった。

  • 8/8

1日目の目的地である佐賀に行くかと家を出ようとしたところで鍵がまったく見つからず大幅に時間をロスしてしまい、幸先悪いわーと思いつつ、泣きそうになりながら探したら、トイレの戸棚の上とかよく分からん場所に置いてあったのを見つけて、なんとか出発できた。なんでそんなところに置いたんだ。。。


そんな感じで、博多についた時点ですでに予定をオーバーしており、佐賀行きのちょうどいい電車がなかったので、予定を変えて博多で降りて、博多一双で豚骨ラーメンを食べに行くことにした。炎天下の中、結構な行列ができており、すでに時間をロスとしているのにさらに並んで時間を消費してしまうのは嫌だなーと思ったけど、とりあえず並ぶことにした。待ちに待って出てきた豚骨ラーメンは、本場の豚骨スープだなと感じられて確かに美味しかったんですけど、自分は基本的に豚骨好きじゃないなと再確認した。やはり魚介か味噌だなー。なんで並んだんだろ、やっぱラーメンに関してはミーハーになりがち。


特急みどりに乗って佐賀へ。おそらく長崎のハウステンボスあたりへ行く人が多いのか電車はそれなりに混んでいた。で、佐賀駅について駅前に出てみたものの何もなかった。予想はしていた。さすが田舎。しばらく歩いていると浴衣を着ている女の子が多くて、山車なんかも見えてきて、どうやらお祭りがあるみたいだった。関係ないが女の子の浴衣について思ったのですが、浴衣の色はやはり薄ピンクが一番かわいいなーと思います。ただしロリ風に改造したりキティちゃん柄みたいなのは無しです。自分が撮影で着てもらうなら絶対ピンクだなと思う。ただ、ピンク着てる子ってたぶん潜在的な女子力が高くて、自分のような人間がもっとも苦手とする人種だとも思う。ということで、紫の浴衣着てる子がなんだかんだで好き。実際に中学生ぐらいの女の子集団を何人か見かけたけど、やはりピンクはかわいいが近寄りがたい。紫は気が合いそう。そもそも浴衣を着てこない子はなんとなく女の子として人生を損しそうなのでがんばってほしい。


佐賀って、大体誰に聞いても観光で行っても何もないぞって意見が大半でして、親父曰く「焼き物と温泉のみ。」長崎出身の友達曰く、「吉野ケ里遺跡がおもろいで。あとは田んぼしかない。」って感じの県なんだけど、今回はロマンシング佐賀展っていうサガシリーズ20周年を記念した展示が佐賀県立美術館でやってまして、今回の九州旅行のタイミングと重なって、この先こういうのでもなければ佐賀に行くことなさそう、という考えがめぐり佐賀に行くことにしたわけです。


自分はサガシリーズが非常に好きでして、子供の頃リアルタイムで遊べたのが本当に幸せだったなーと思う。時代時代で世代の娯楽が違うのは分かるけど、今は内容的には昔の暇つぶし的な携帯ゲームばっかりでかわいそうだなーって、余計なお世話だけど、思ってしまうよね。かの幸宮チノ先生なんかはドラクエはもうゲームっていうより人生って言ってたけど、その気持ちはとても分かる気がする。ゲームがコンビニで売ってたぐらいブームな時代で、当時はお金がかかってた(手間暇がかけられていた)から面白いというのはあると思いますけど。河津さんは自分の想像だけど、やっぱり今のスマホゲームみたいなやつだけじゃなくて、もう1回昔のように設定から作り込まれた、ゲームだけど一つの世界を感じさせてくれるような一本立ちしたゲームを、新しいサガでまた作ろうとしてるのかなって思う。


展示の方は、小林智美先生他、かなりボリュームがあって見ごたえがありました。ロマサガ1についてはゲーム本編ではでてこない設定部分(神々の戦い的なやつ)に関する絵がかなりあって、こういう設定の作り込みはすごいなあと思う。要はゲーム本編ではでてこないけどプレイヤーに想像させながら遊ばせてるんだよね。ロマサガシリーズはどの作品もそんな感じで本当好き。一番奥のホワイトボードを見て、やっぱりみんなの愛を感じるなあって思わされた。


佐賀県立美術館に行ったあとは、吉野ケ里遺跡に行ってきた。吉野ケ里公園前という駅で降りて、ホームを出たら一面の田んぼしかなくて、何より音が全く無かった。サーっていう田んぼの音だけしかなかった。東北旅行行った時も感じたけど、この瞬間が普段住んでいる都会から離れたことが実感できて好きである。吉野ケ里遺跡は弥生時代のあたりの暮らしを再現したような設備があって、結構本格的に作ってあった。周りはとても静かで、夕暮れの時間と相まって、ああ昔の人はこんな感じで暮らしてたんだなあと思いを巡らすことができた。


1日目の最後に、吉野ケ里遺跡から武雄温泉に向かった。この日はかなり暑くて、炎天下の中10km以上は歩いてたので、さすがに疲れた早く温泉入りたい入りたいという気分であって、旅館に到着して、畳の部屋に布団が敷いてあるのを見た時は、RPGでHPが一桁になってなんとか町にたどり着いた時のように全身脱力した。浴衣に着替えて温泉に行ったら誰もいなくて貸し切りだった、最高。一日中歩いて入る温泉は最高のカタルシスを感じますなあああ。温泉は宿についているのに限る。温泉を何泉もハシゴするって人もいるけど理解できない。。。ていうか、温泉に一回入ったら今まで着てた服また着るの嫌じゃない?浴衣でごろごろしたくない?本当は温泉宿に1ヶ月ぐらい居たいのだけど、日本人は休みが短くて悲しくなる。本当、不幸な国民ですなあと。俺も日本人だが。


2日目、3日目はまた別途。



サガ展で好きだったやつ。ラファエルとコンスタンツは結構好き。あとビューネイとイトケンさんが踊ってるやつとか。